ゲームにお金かけてる?

ゲームだけだと範囲が広いわね。ゲーム機やスマホで遊ぶところのコンピューターゲームね。

ゲーム環境の多彩化

あなたは普段ゲームで遊んでる?
それはPS VITAかな?Wii Uかな?それともスマホゲームかな?

昔と違って、ゲームをする環境は多彩になってきたよね。
一口にゲームっていっても、家で遊ぶのか、移動中に遊ぶのかに大別されます。

家で遊ぶのは家庭用ゲーム機。例えば、WiiとPlayStationとかだね。
あとは、ゲーミングPCといわれる高性能PCで遊ぶPCゲーム。

移動中に遊ぶのは、携帯型ゲーム機。例えば、3DSとかPS VITAとか。
あとは、スマホゲームだね。

有料?無料?

そう。有料か無料かでも大別される。

基本的にゲーム専用機でのゲームソフトは最初にソフトを買う必要があるよね。
当たり前といえば当たり前だけど。

それは家庭用でも携帯用でもそう。

反対に、スマホは無料で遊ぶのが基本になってるよね。
無料で遊んで、ハマったらガチャするのに課金するって感じです。

新しいビジネスモデル

ゲーム機のソフトって売り切りだから、最初に買うか買わないかの二択になるんだよね。
だから、お金払ってゲームする人と、お金払わないでゲームしない人の2つにキッパリ別れてた。
ゲームも、前評判とかが大事でとにかく買ってもらう必要があったのね。

だけど、スマホは全然違う。
もちろん、最初にお金を払って買うゲームもあるんだけど、基本的には無料でゲームを始めて、後から課金という形でお金を払うシステムが主流です。

これによって何が変わったかというと、今までゲームをしてこなかった層がゲームをしだしたのだ。
だって無料だから。

んで、それとともに出現したのが「ガチャ」というシステム。
デパートとかおもちゃ屋とかにある昔ながらの「ガチャガチャ」が語源のまぁクジみたいなものよね。

1回100円でガチャを引くと、ランダムでいろんなアイテムが貰えるとか。いいアイテムが出ることもあるし、いらないアイテムが出ることもある。欲しいアイテムがある人は、何回もガチャを引くみたいな感じ。

これがシステムが出現した当時はいろいろと物議をかもしたけど、なんだかなんだで課金システムとしては定着した感じだよね。

独自路線

スマホと似たような感じだけど、かなり独自路線なのがPCゲームね。
かなりお金がかかる世界です。

だって、ゲーミングPCって高いんだもん。PC一式だけで10万はするんじゃないかな。
で、ゲームの方なんだけどスマホの様に無料で始めて後から課金っていうスタイルもあるし、売り切りってのもあるし、売り切り+課金なんてのもあって、かなり独特。

本格的なゲームは1万くらいするのもあるのだ。

eスポーツ

PCゲームがどのくらい独自路線かというと、PCゲームで対戦するイベントがあって、「eスポーツ」と呼ばれることもあるのね。スポンサーがついてて、プロチームとかも存在するのです。
それくらい、ゲームに本気で取り組んでるのが、PCゲームの世界。

適度に楽しく

いろいろなゲーム環境をみてきたけど、基本的には楽しく遊びたいですね。
最近では「ゲーム障害」なんていう病名まで検討されているほどにゲームに依存する人が増えているから、その点だけは気を付けたいですね。

ゲームは楽しく遊びましょう♪(じ)