海外旅行中、スマホで現在位置がわかるのがすごく便利だった

スマホって海外で使えないんだよね。
あ、使えるけど当時は1日4~5000円くらいとられるってことで、ばかばかしくて海外ではスマホが使わないことにした。
たしか、ドコモのワールドウィングっていう海外ローミングのオプションだったんだよね。

GPSは使いたい

旅行中は一緒に移動するし、電話やメールが出来なくても問題ないよね。
でも、日本でも慣れ親しんだgoogleマップは使いたいなーって思ったんだ。
だってほら。
初めての土地だし、迷子になりそうじゃない?
現地では初心者向けの山でトレッキングもする予定だったから、現在位置がわかったらすごくいいなーって思ってたんだ。

マップはネットが使えないと意味がない

だけど、googleマップはネットがないと使えないんだよねー。
当たり前といえば当たり前。
なんでって、地図自体をネット経由で取得して表示してるんだもん。

でも、そうなるとワールドウィングのオプションが必要になって、多ければ毎日5,000円くらい課金される。
うーん。そこまでして地図見たいわけじゃないかなー。

GPS自体はネットが無くても使える

スマホに内臓されているGPS自体は世界中で使えるはずなんだよね。
ただ、スマホの画面に地図を表示するための画像データがないだけ。
とはいっても、緯度と経度を表示されても何の役にも立たない。
やっぱり地図があって、その上に現在位置を表示して、初めて旅行や登山で役に立つのだ。

あらかじめ地図を用意する

じゃぁ、地図の画像データをあらかじめ用意しておこうという事を考えた天才がいるのです。
地図の画像データさえ、あらかじめ日本で用意してスマホの中に入れておけば、現地ではネットが無くてもGPSでの現在位置を地図上に表示できる!

これはすごく便利ですね。

登山する人が使う技

このワザは、元々登山する人たちの間で利用されてきたものです。
日本での携帯エリアの人口カバー率は100%を誇っていますけど、人がいない山では電波が使えない事も多いのです。

目印が少ない山でこそGPSが役に立つのです。

そこで地図データをあらかじめダウンロードしておいて、圏外でも現在位置を把握しつつ安全にトレッキングをしようというわけです。

海外でも現在位置がわかる!

これと同じ考え方で、海外でも(ずっと機内モードにしたまま)地図を見ながらGPSで現在位置を把握できるというわけです♪

詳しいやり方はここでは割愛するけど、こんな活用方法があるんだーって事を覚えておいてくださいね。(じ)